体重管理と適度な運動はとても大切

妊娠中の女性の体にはさまざまな変化があります。初期の頃はつわりがあり、安定期になり少しずつ落ち着いてくると食欲が出てきて体重が増えやすくなります。妊娠中の体重の増加は妊娠中毒症になったり、出産の時に危険になりやすくなるので、体重が増え過ぎてしまうと病院の先生から厳しい指導を受けることがあります。

授乳中にも摂取可能?ベルタママリズムの飲み方や私の口コミなどお伝えします!

それぞれ個人の妊娠前の体重にもよりますが、基本的に8キロぐらいの増加が一般的となっています。あまりに増え過ぎてしまうと妊娠中であっても糖分の摂取はしなくても大丈夫と病院の先生から言われてしまうこともあります。妊娠中はなぜか食欲を抑えられなかったり、偏ったものだけが食べたくなったりと今までの食生活では考えられないようなもの感覚になってしまいます。

また、妊娠中で気をつけなければならないのは、問題がなければ適度に運動するということです。切迫早産などの可能性がある場合には安静にする必要がありますが、そのようなことがない場合は、気にせず歩いたり軽い運動をすることが体には必要です。

運動せずに過ごしていると体力が落ちてしまい、出産が大変になってしまうことも考えられます。そのようなことを控えるために適度に体を動かすようにするのがおすすめです。妊娠は女性にとって、あまりない感覚の日々になりますが、考えすぎずストレスを溜めないように過ごすのが良いです。