体重管理と適度な運動はとても大切

妊娠中の女性の体にはさまざまな変化があります。初期の頃はつわりがあり、安定期になり少しずつ落ち着いてくると食欲が出てきて体重が増えやすくなります。妊娠中の体重の増加は妊娠中毒症になったり、出産の時に危険になりやすくなるので、体重が増え過ぎてしまうと病院の先生から厳しい指導を受けることがあります。

授乳中にも摂取可能?ベルタママリズムの飲み方や私の口コミなどお伝えします!

それぞれ個人の妊娠前の体重にもよりますが、基本的に8キロぐらいの増加が一般的となっています。あまりに増え過ぎてしまうと妊娠中であっても糖分の摂取はしなくても大丈夫と病院の先生から言われてしまうこともあります。妊娠中はなぜか食欲を抑えられなかったり、偏ったものだけが食べたくなったりと今までの食生活では考えられないようなもの感覚になってしまいます。

また、妊娠中で気をつけなければならないのは、問題がなければ適度に運動するということです。切迫早産などの可能性がある場合には安静にする必要がありますが、そのようなことがない場合は、気にせず歩いたり軽い運動をすることが体には必要です。

運動せずに過ごしていると体力が落ちてしまい、出産が大変になってしまうことも考えられます。そのようなことを控えるために適度に体を動かすようにするのがおすすめです。妊娠は女性にとって、あまりない感覚の日々になりますが、考えすぎずストレスを溜めないように過ごすのが良いです。

妊娠中の予想外だらけな出来事。

今日は妊娠中のことについて書きたいと思います。

ベルタママリズムの特徴や私の口コミ!販売店での市販状況などもお伝え!

妊娠って、初めての方でも経産婦でも、生まれてくる命はどれも違う命なので、妊娠中の身体ってやっぱり全部違うんですよね。奇跡の連続です。

なにがおこるかわからない。イメージしていた妊婦生活と全然違う。と、動揺する事もあるし、そんなことすら想像つかないかもしれない。

私も、「つわり」って、吐き気や食欲旺盛になったりするやつでしょー?なんてざっくりしたイメージしかありませんでしたが。いざ、妊娠すると、初期の頃は下痢の連続から始まり(焦)

外食するのがまずとても不安になりましたね。

そんな下痢と付き合う毎日に、なにこれ嫌だ毎日お腹痛いぢゃんと泣きました。。

落ち着いた頃からは、やたらと果物を欲するように。

スーパーに行くと、まずフルーツコーナーに目が必ずとまるようになりました。みずみずしいフルーツが食べたくて食べたくて、毎日食べたくて。切る作業時間も取りたくなくて、すぐ食べて満たせるように、カットフルーツの一番大きいサイズを、常に主人に「買っていい??笑」と聞いては買って、一人でぺろっと食べていました!

こんなに毎日食べたい食べたいと思うなんて、今振り返っても本当に不思議な行動ですが、妊娠当時はしばらくの期間ずっと頭の中がフルーツの事ばかりでした。

安定期の頃にはこのフルーツ衝動は落ち着きました。あとは妊娠期間中はずっと、季節関係なくのどがよく乾いて 、水をかなり飲んでいました。「フルーツ食べたい」「のどかわいた」が私の妊婦時の口癖だった気がします。

安定期後で、お腹がぽっこり大きくなったタイミングで、マタニティフォトを撮りたいと思っていました。しかし…

7ヶ月頃から、結局出産時まで、絶賛体調不良。。後期つわりってやつです。

でも、これって後期つわりか!と気付くまでとても遅かった気がします。

後期つわりって、言葉は聞いたことあって知っていたけど、私のイメージの中にはなかった事だったので。まさか自分が後期つわりになるなんて、全く思っていなかったからだと思います。ずっと体調が良くなくて、寝込む日がほぼ毎日で、ある日やっと、「あ、これって、もしかして?これが後期つわりってやつか??」と半信半疑になり、納得に至った感じでした。

主人も(というか世の男性も)、つわりって妊娠初期にしんどくなるやつでしょ?という認識しかなかったので、後期つわりで私が日々寝込んでいる事があまり理解できず、ただただ毎日寝込んでいて、家事も疎かで、「また寝てるの?」という感じでした。。後期つわりって、正直認知度低めです。そこもさらに気持ち的にしんどくなっちゃいますね。

振り返っただけでもこんなに妊娠前の自分の身体とは大きく変化があるので、気持ちが追いつかない自分もいました。でも、生まれてくる子供は永遠の宝物になること間違いなしです。幸せを噛み締めながら妊娠出産を乗り越えたいですね。