鼻からの呼吸はモヤモヤタイム

プログラムによって、体をリラックスした状態にし、息を全身にしっかりめぐらせるため鼻から息を吸い、少し止めて、ゆっくり吐くを繰り返すことがあります。

ホットヨガとアシュタンガヨガを3ヶ月実践した体型の変化と心の変化を徹底比較

体質改善、運動不足解消にと通い始めたヨガでしたが、やるからにはインストラクターさんの声かけ通りに心も体も快適な状態で行いたいですよね。その呼吸時、左右の鼻を片方ずつ押さえて息を吸うことがあるのですが、そこで集中できなくなります。理由は、左の鼻の管が右に比べて細いのか、息を吸うのがシンドイのです。

左右同じようにたっぷり息を吸えると楽なのですが、左の鼻からの時は細い呼吸になり、そのことが常に気になり、リラックスどころかどうしたら解決するのか、いっそのこと、こっそり右の鼻を押さえる手を緩めて両方の鼻から吸ってしまおうか、いや、それは正しくない、など頭の中で考えがグルグルめぐり、南国リゾートのハンモックや大草原でゴロンと寝転がるイメージなど、どこ吹く風。気になる、左の鼻からの呼吸が気になる、で頭いっぱいに。ヨガをする時はその後のポーズ時も含め気持ちを落ち着けて挑みたいのに、真面目に取り組もうとする気持ちと現実が噛みあわず残念な気持ちになります。

同じように、何かいつも気になって集中できないタイミングがある、という方はいらっしゃるのかな。