離乳食初期の便利ストックレシピについて

子育てをしていると、いわゆる「ゴックン期(離乳食初期)」が訪れます。プラステンアップα

その時期の便利ストックレシピには、以下のような物があります。

「10倍がゆ」。

お米の10倍の量でおかゆを作ります。

すり潰して、ヨーグルトぐらいの硬さになれば、大さじ2ずつの量で冷凍します。

「野菜のペースト」。

まず、ほうれん草は葉先だけを茹でて刻み、だし汁に入れてペースト状になるまですり潰したら、大さじ1ずつの量で冷凍します。

次に、ニンジンは、硬さが取れるまで茹でたら、ペースト状にすり潰し、大さじ1ずつの量で冷凍します。

そして、ジャガイモは、茹でて裏ごししたら野菜スープに入れ、ペースト状になるまで練り、大さじ1ずつの量で冷凍します。

「白身魚のすり潰し」。

白身魚を蒸すか茹でるかして骨を取ったらすり潰し、大さじ1ずつの量で冷凍します。

「和風だし」。

まず、かつおだしは、1カップの水を沸騰させ、一旦火を止めて4分の1カップのかつお節を入れます。

再度比にかけて一煮立ちさせたら、こします。

次に、昆布だしは、鍋に1カップの水と5×8cmの昆布を入れ、30分以上浸します。

弱めの中火で煮たら、沸騰する手前で弱火にし、昆布の味が出た所で取り出します。

いずれも、大さじ1ずつの量で冷凍します。

正直なところ乗り換える手間が多すぎる

私自身、あんまりネット回線は乗り換えることはしていないのですが、それでも人生で数度はやっていることになります。

ドコモ光からニフティ光への乗り換え

その時に乗り換えた理由なのですが、簡単に言えばもっと安くなるプランが見つかったからとかもそうですし、遅くなってきたということもあります。ネット回線業者というのは数年単位で利用しているお客よりも新しく契約するお客さんの方が大事みたいなので、新しく安いプランができたからといって、そちらに切り替えることをおすすめしたいとか自動的に適用してくれるとかそういうことをしてくれないので、いっそのこと、新しいところに乗り換えたほうがよい、ということが多いわけです。

しかし、ここで面倒なのが、乗り換えることそのものです。当然ですが解約手続きなどもしないといけないことになりますし、その解約手続きが割と面倒くさいことも多いですから、いつもそこがネックです。

今より数百円くらい安くなるとしても面倒なんで乗り換えることはしないってことが多いです。出たら乗り換えるタイミングがわからないとから乗り換える事に関しての手続きがわからないというよりは手間が面倒なので年間2000円くらいの時になるみたいなことですと乗り換えるよりもその手間を惜しんでやらないということがちょっとネックだと個人的に思ってます。

体重管理と適度な運動はとても大切

妊娠中の女性の体にはさまざまな変化があります。初期の頃はつわりがあり、安定期になり少しずつ落ち着いてくると食欲が出てきて体重が増えやすくなります。妊娠中の体重の増加は妊娠中毒症になったり、出産の時に危険になりやすくなるので、体重が増え過ぎてしまうと病院の先生から厳しい指導を受けることがあります。

授乳中にも摂取可能?ベルタママリズムの飲み方や私の口コミなどお伝えします!

それぞれ個人の妊娠前の体重にもよりますが、基本的に8キロぐらいの増加が一般的となっています。あまりに増え過ぎてしまうと妊娠中であっても糖分の摂取はしなくても大丈夫と病院の先生から言われてしまうこともあります。妊娠中はなぜか食欲を抑えられなかったり、偏ったものだけが食べたくなったりと今までの食生活では考えられないようなもの感覚になってしまいます。

また、妊娠中で気をつけなければならないのは、問題がなければ適度に運動するということです。切迫早産などの可能性がある場合には安静にする必要がありますが、そのようなことがない場合は、気にせず歩いたり軽い運動をすることが体には必要です。

運動せずに過ごしていると体力が落ちてしまい、出産が大変になってしまうことも考えられます。そのようなことを控えるために適度に体を動かすようにするのがおすすめです。妊娠は女性にとって、あまりない感覚の日々になりますが、考えすぎずストレスを溜めないように過ごすのが良いです。